コンテンツにスキップする

アップル:訴訟対象へのサムスン「S4」追加認めず-米地裁

米アップルは韓国サムスン電子との 特許訴訟で、サムスンの最新スマートフォン(多機能携帯電話)「ギャ ラクシーS4」を訴訟対象に加えることを求めたが、裁判所から認めら れなかった。

米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁のポール・グルーアル判事 は26日、アップルの追加申し立てを退ける判断を示した。同地裁で争わ れている2番目の両社の特許訴訟である今回のケースでは、より新しい 機種であるアップルの「iPhone(アイフォーン)5」やサムスン の「ギャラクシーSⅢ」などに使われている技術が対象となっている。

グルーアル判事は対象に別の機種を追加することは「裁判所の時間 と能力に新たな負担を強いるものだ」と述べた。両社の代表が審理のた びに出廷して「かなりの量の裁判所の時間とエネルギーを使われる」と 指摘した。

アップル側のジョシュ・クレビット弁護士はグルーアル判事に、S 4除外により「アップルは新たな提訴が必要になるかもしれない」と語 った。訴訟対象に残ったサムスンの製品が、来年の審理までに時代遅れ になる可能性があるためだと説明している。アップル広報担当のクリス ティン・ユゲ氏は、今回決定へのコメントを避けた。

原題:Apple Can’t Add Galaxy S4 to Samsung Patent Lawsuit, Judge Rules(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE