コンテンツにスキップする

インド:1~3月の経常赤字、予想以上に縮小-ルピー反発

インドの経常赤字は1-3月期に市 場の予想以上に縮小した。これが下落基調にある通貨ルピーへの下押し 圧力を幾分和らげる可能性がある。ルピーは26日に付けた対ドルでの過 去最安値から反発している。

インド準備銀行(中央銀行)が27日発表した1-3月期の経常赤字 は181億ドル(約1兆7700億円)。昨年10-12月期(改定値)は319億ド ル。昨年度(2012年4月-13年3月)は878億ドルに拡大し、対国内総 生産(GDP)比で4.8%となった。その前の年度(11年4月-12年3 月)は782億ドル、同4.2%だった。

1-3月期の経常赤字の対GDP比は3.6%に縮小。インド当局が 金輸入の抑制措置を強化した。昨年10-12月期は過去最悪の6.7%に達 していた。

米金融当局が刺激策を縮小する可能性があることから、インドやイ ンドネシア、ブラジルなどの新興国は資本流出のリスクにさらされてい る。ルピーはムンバイ時間27日午前9時10分(日本時間午後0時40分) 現在、0.6%高の1ドル=60.3625ルピー。

原題:India Current-Account Deficit Below Estimates at $18.1 Billion(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE