コンテンツにスキップする

米トウモロコシ四半期在庫:トレーダー予想と大差、先物変動

トレーダーによる米国のトウモロコ シの四半期在庫の見通しが、米政府の推計とかけ離れている。その差は 中国の年間輸入量に相当し、先物市場の変動幅は値幅制限いっぱいにま で拡大するケースが多い。

ブルームバーグが集計したデータによれば、過去12四半期の差の平 均は528万トンと、その前の5年間の平均の2倍。米農務省 (USDA)は28日に最新の推計を発表する。

政府の調査対象となっていない農場の貯蔵能力が拡大していること に加えトウモロコシの代替の飼料向け利用が増えているため、在庫を予 想するのは難しくなっている。USDAは昨年9月、推計方法を1年間 かけて再検討する調査を委託した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、2010年3月以降の在庫 統計発表後、12回のうち9回、シカゴ商品取引所(CBOT)の相場は 値幅制限いっぱいの変動を示した。変動率の平均は5.6%だった。

原題:Corn Futures Swing to Limits on China-Sized Errors: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE