コンテンツにスキップする

ブラジル・レアルが4日続伸-資本規制措置のさらなる解除で

26日の外国為替市場でブラジル通貨 レアルは対ドルで4営業日続伸。1月以降で最長の上昇局面となってい る。レアル相場の下支えを狙うブラジル中央銀行は25日、国内銀行のド ルの売り持ち高に適用していた支払い準備の要件を撤廃すると発表し た。

レアルは前日比1.2%高の1ドル=2.1867レアル。ブルームバーグ がデータをまとめている主要16通貨で最も大きく上昇した。その結果、 過去1カ月の下落率は6.2%に縮小した。

ブラジル中銀の今回の決定は、通貨デリバティブ(金融派生商品) 取引と海外投資家による国内債券投資に課していたIOF税(金融取引 税)の撤廃に続く措置。

レアルは米国内総生産(GDP)確定値の発表後に対ドルで上げ幅 を拡大した。1-3月(第1四半期)の米実質GDPの確定値は改定値 から下方修正され、米連邦準備制度理事会(FRB)が早期に債券購入 を縮小するとの観測が後退した。

XPインベスチメントスのチーフエコノミスト、ダニエル・クーニ ャ氏は電話インタビューで、ブラジル中銀による「今回の措置は、より バランスの取れた市場になることを示唆している」と指摘。「先週に比 べて環境は改善されているものの、まだ不確実性が大きい」と述べた。

原題:Brazilian Real Rises for Fourth Day as Capital Controls Removed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE