コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:4日続伸-製油所稼働率が今年最高

ニューヨーク原油先物相場は27日の 時間外取引で4日続伸。米製油所の稼働率が今年の最高水準に上昇した ことや中国の工業利益が増加したことが好感された。

原油先物相場は一時、0.7%上昇。4日続伸となれば5月20日以 来。先週の米原油在庫が増加した一方、製油所の稼働率は90.2%だっ た。中国国家統計局が発表した5月の工業利益は前年同月比15.5%増。 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は、先週上昇を 阻まれた上値抵抗線を突破した。

商品市場に関するシドニーのニュースレター、バラッツ・ブレティ ンのジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)は、「好調な経済 指標が発表され地合いがしっかりしている。在庫水準はまだ高いが、数 字はことごとく減少を示唆している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は一 時、64セント高の1バレル当たり96.14ドルを付けた。シンガポール時 間午後0時55分(日本時間同1時55分)現在、96ドルで推移している。 全先物の取引高は100日平均を12%下回った。前日の通常取引は0.2%上 昇し95.50ドルで引けた。終値としては19日以来の高値。

原題:WTI Rises for a Fourth Day on U.S. Refining Boost, China Profits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE