コンテンツにスキップする

通貨ファンド:5月運用成績はプラス0.7%、ドル高で-パーカー

通貨ファンドの5月の運用成績はプ ラス0.7%となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が資産購入プロ グラムを縮小する可能性があるとの観測からドルが上昇した。

パーカー・グローバル・ストラテジーズの26日の発表によれば、運 用成績を報告した40プログラムのリターンのレンジはプラス約9.4%か らマイナス8.6%。運用成績がプラスとなったファンドは20本で、マイ ナスは19本。1本がとんとんだった。

パーカーは「米国では景気改善に加え、量的緩和を終了ないし縮小 するFRBの決定をめぐる観測の高まりがドル高をもたらしている」と 指摘。ドルは5月、主要16通貨全てに対して上昇した。

パーカーFX指数は今年に入り1.7%上昇。ここ1年では0.8%上昇 している。同指数は世界の36社が運用する43プログラム(合計運用資産 約410億ドル=約4兆円)の運用成績を基に算出されている。

原題:Currency Funds Gained 0.7% in May as Dollar Rallied, Parker Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE