コンテンツにスキップする

スペイン中銀:経済統計はリセッションの和らぎ示唆-月報

スペイン銀行(中央銀行)は、リセ ッション(景気後退)が和らぎつつあることが直近のデータで示唆され たと指摘した。輸出の活況が、6年目に入った景気低迷からの脱却につ ながり得るとの政府見解を支持するものだ。

スペイン中銀は26日公表した月報で「総合的に見ると、4-6月 (第2四半期)に関する最新の情報から、需要と経済活動に関する大半 の指標が改善し、縮小トレンドが緩和していることが示された」と説明 した。

家計や小売業者の景況感、受注を含む4月と5月の指標は国内需要 の縮小ペースが鈍化してきていることを示唆していると、同中銀は指 摘。また4月の輸出の伸びは前年同月比で2桁増となるなど、「海外販 売の力強さを裏付けている」と月報は分析した。

原題:Spain’s Central Bank Says Economic Data Show Softening Recession(抜粋)

--取材協力:Charles Penty、Harumi Ichikura.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE