コンテンツにスキップする

伊財務省:政府のデリバティブ契約、財政を脅かすものでない

イタリア財務省は借り入れに伴う金 利・通貨リスク低減に利用したデリバティブ(金融派生商品)契約が財 政を脅かしてはいないと表明した。

財務省が電子メールで配布した資料によると、イタリアはユーロを 導入しようとした際、政府勘定の改善にこうした契約を利用しなかっ た。また、デリバティブ契約に関する財務報告は欧州連合(EU)統計 局(ユーロスタット)の検査を受けている。

英紙フィナンシャル・タイムズは26日、イタリアが約320億ユーロ (約4兆700億円)規模のデリバティブについて80億ユーロの損失に直 面していると報じた。同紙は2012年1-6月(上期)時点のデリバティ ブ契約の一部を記した財務省報告書を独自に分析して損失予想をまとめ た。

サッコマーニ財務相は記者会見で「政府勘定に対するマイナスの影 響はないだろう」とし、「これらは金利リスク管理のための手段だ」と 説明した。

原題:Italy Sees No Threat to Finances From Derivatives Deals (抜粋)

--取材協力:Lorenzo Totaro、Alessandra Migliaccio、Chiara Vasarri.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE