コンテンツにスキップする

長期金利の上昇、銀行にリスク「黄信号」-英中銀が検証命じる

イングランド銀行(英中央銀行)は 長期金利の突然の上昇に銀行は影響を受けやすいとし、金融システムへ の信頼感が引き続き脆弱(ぜいじゃく)だと指摘した。

同中銀は26日、銀行がさらされる金利リスクが適切に理解されてい ないとして、その検証を健全性監督機構(PRA)に命じた。PRAは 9月に結果を報告する。

世界の中銀は経済成長支援で政策金利を過去最低水準に引き下げ、 流動性を供給してきたが、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナン キ議長は先週、金融緩和の縮小を年内に開始する可能性に言及。これを きっかけに想定よりも早い米利上げがあるとの見方が広がり、世界的に 株式相場が下げた。

英中銀のタッカー副総裁はこの日ロンドンで記者団に対し、「ここ 2週間に見られた調整の荒々しさは、利回り追求の度合いを露わにした ほか、影響を受けやすい関係先がないかを当局が突き止める必要性を示 した」と発言。期待の「ちょっとした」変化に対する市場のもろさが明 らかになったとして、「その意味でこれは黄信号だ」と続けた。

原題:BOE Orders Review of Risk to Banks From Interest Rate Rises (1)(抜粋)

--取材協力:Scott Hamilton、Jennifer Ryan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE