コンテンツにスキップする

EU財務相理事会:破綻銀行の損失分担めぐり再び激論か-26

26日にブリュッセルで開催される欧 州連合(EU)財務相理事会では、破綻銀行の処理方法をめぐって激し い議論が続けられそうだ。先週の理事会での協議は19時間に及んだが合 意には至らなかった。今回はそうした行き詰まりの打開を目指す。

任期6カ月のEU議長国としての役割が今回で最後となるアイルラ ンドのヌーナン財務相は、EUの危機対応戦略を順調に実施するには合 意は不可欠だとして、合意成立を強力に推進する方針だ。同相は夜の理 事会に先立ち、一連の小規模会合に出席した後、午後にブリュッセルに 到着する。

前回の財務相理事会は、銀行の破綻時にどの債権者が損失を負担す るかをめぐって紛糾。一部の国は各国当局がより柔軟に対応できる仕組 みを主張する一方、EU加盟国全体での厳しい規則導入を求める国もあ った。破綻に伴う損失は国家の裁量が認められる前に、厳格な方法を通 じて分担する必要が出てくる見通しだが、理事会はこうした損失に関す る目安の設定に向けて複数の方法を検討した。

ヌーナン財務相は24日、欧州議会で演説した後に記者団に対し「時 間がかかるだろう。寝袋を持ってくるように」と話した。理事会が再び 合意できなければ、銀行の監督一元化に向けた行程表に「狂い」が生じ ると警告した。

27日からブリュッセルで始まるEU首脳会議は銀行改革のペースを 重視していない。声明文草案は「銀行と国家の間の悪循環を断ち切るこ とは絶対に必要だ」としているが、追加措置については期限を設定して いない。

原題:EU Resumes Battle Over How to Impose Losses at Failing Lenders(抜粋)

--取材協力:Jim Brunsden、Tony Czuczka、Peter Levring.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE