コンテンツにスキップする

NY原油時間外:一時1%下落-30年ぶり高水準の在庫を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は26日の 時間外取引で一段安。下落は3営業日ぶり。米石油協会(API)発表 の原油在庫が約30年ぶりの高水準を維持していることが嫌気された。

原油先物相場は一時、1%下落。前日の通常取引は0.2%上昇。 APIが発表した先週の原油在庫は2万8000バレル減少し3億9200万バ レルとなった。米政府発表の原油在庫は、今月3億9630万バレルに増 え、1981年7月以来の高水準となった。26日に米政府が発表する先週の 原油在庫はブルームバーグ・ニュースの調査だと175万バレルの減少が 予想されている。5月のEIAの数字は週間ベースで630万バレル減か ら300万バレル増まで大きく振れた。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフストラテジスト、 マイケル・マッカーシー氏は「過去6週間の原油在庫の数字は大きく減 少したり増加したりし、やや懸念材料だ。今後数週間、数カ月は減少す るだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は一 時、96セント安の1バレル当たり94.36ドルを付けた。シンガポール時 間午後1時46分(日本時間同2時46分)現在、94.49ドルで推移してい る。全先物の取引高は100日平均を9%下回った。前日の通常取引は14 セント高の95.32ドルで引けた。終値としては20日以来の高値。

原題:WTI Crude Drops as U.S. Stockpiles Remain Near Three-Decade High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE