コンテンツにスキップする

6月25日の米国マーケットサマリー:ドル上昇、株価反発

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3095   1.3120
ドル/円             97.78    97.73
ユーロ/円          128.05   128.22


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       14,760.31     +100.75    +.7%
S&P500種           1,588.03     +14.94     +.9%
ナスダック総合指数    3,347.89     +27.13     +.8%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .40%        +.02
米国債10年物     2.60%       +.06
米国債30年物     3.62%       +.07


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,275.10    -2.00     -.16%
原油先物         (ドル/バレル)   95.24      +.06     +.06%

◎NY外国為替市場

25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで5日連続 高。米国で発表された経済統計が予想よりも良好だったことから、米金 融当局が債券購入を縮小するとの見方が強まった。

5月の米耐久財受注と6月の消費者信頼感指数が予想を上回ったこ とから、ドルは一時の下げを埋めた。ユーロは下落。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁がユーロ圏経済の状態が引き続き緩和的な金融 政策を必要なものにしているとの認識を示した。

英銀スタンダードチャータードのシニア通貨ストラテジスト、マイ ク・モラン氏(ニューヨーク在勤)は、「いくつか良好な経済統計が発 表され、主要7カ国(G7)通貨に対してドルが押し上げられた」と述 べ、「これらの統計のおかげで、最も注目を集めている緩和策縮小をめ ぐる議論が鮮明になってきた」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時12分、ドルは対ユーロで0.2%上昇して 1ユーロ=1.3089ドル。一時は0.2%安まで下げた場面もあった。ドル は対円で0.1%上昇して1ドル=97円76銭。ユーロは対円で0.2%安の1 ユーロ=127円95銭。

◎米国株式市場

米株式相場は反発。S&P500種株価指数は前日に付けた9週間ぶ り安値から回復した。耐久財受注額や住宅販売件数が予想を上回り、消 費者信頼感が改善を示したことが買いを誘った。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比1%高の1588.03で終了。ダウ工業株30種平均は100.75ドル (0.7%)上げて14760.31ドルで終えた。

パイオニア・インベストメント・マネジメント(ボストン)のポー トフォリオマネジャー、ジョン・キャリー氏は「市場はなお米金融当局 からのニュースを消化しようとしており、新たな金利水準や今後四半期 の証券価格に及ぼし得る影響に備え、見方を変えようとしている。相場 がこの水準で安定しつつあることは心強い」と述べた。

◎米国債市場

米国債相場は下落。10年債利回りは2011年以来の高水準に接近して いる。この日発表された経済指標では製造業耐久財受注や住宅価格、消 費者信頼感が改善し、金融当局による債券購入縮小を後押しする内容と なった。

この日実施された2年債入札(発行額350億ドル)では、最高落札 利回りは0.430%で、2年ぶり高水準となった。この入札後、相場は軟 調な展開が続いた。10年債利回りは7営業日連続での上昇。これは12年 3月以来で最長となる。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長 は先週、景気が予想通りに回復した場合、年内にも量的緩和を縮小させ 始め、14年年央には終了する可能性があると述べた。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「金融当局が経 済予測で示した景気認識と一致した指標がいくつか出始めている」と し、「きょうのような力強い経済指標が続けば、当局は緩和縮小に近づ くと想定される」と続けた。

ニューヨーク時間午後3時29分現在、10年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.58%。一時2.48%に下 げる場面もあった。前日は2.66%と、11年8月以来の高水準を付けた。 同年債(表面利率1.75%、2023年5月償還)価格はこの日、11/32下げ て92 25/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続落。米経済改善の兆しを背景に、金融 当局が緩和策を終了するとの観測が強まった。

米製造業耐久財受注は予想を上回る伸びとなったほか、消費者信頼 感指数は約5年ぶり水準に上昇した。先週は米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長が、景気改善が続くなら資産購入プログラ ムを縮小する可能性があると発言したことをきっかけに、金は週間ベー スで6.9%下落した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「こうした良好な経済のニ ュースは金にとって好ましくない」と指摘。「金は非常に売られやすい 状況にあり、ドルの堅調も金を一段と押し下げている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.2%安の1オンス=1275.10ドルで終了した。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油先物相場は小幅続伸。米製造業耐久財受注が予想 以上に伸びたことが影響した。

米商務省の発表によれば、5月の製造業耐久財受注は前月比3.6% 増加した。カナダ産原油の対米輸送で最大手のエンブリッジは、アルバ ータ州でオイルサンドパイプライン網の一部で操業を再開した。これら のパイプラインは洪水の影響で輸送を停止していた。

シュナイダー・エレクトリック・プロフェッショナル・サービシズ の商品アナリスト、ジェイコブ・コレル氏(ケンタッキー州ルイビル在 勤)は「耐久財統計が持ち直していることは経済が少しは活気を取り戻 しつつある兆候だ」と指摘。「エンブリッジのパイプラインが再稼働し つつあり、今後の価格は軟調になると予想される」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前営日 比14セント(0.15%)高の1バレル=95.32ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE