コンテンツにスキップする

米消費者信頼感指数:6月は予想上回る伸び-5年ぶりの水準

6月の米消費者信頼感指数は約5年 ぶり水準に上昇した。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した6月の消費者 信頼感指数は81.4と、景気後退入り2カ月目の2008年1月以来の水準に 戻った。前月は74.3(速報値76.2)に修正された。6月は、ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は75.1だった。

ハイ・フリークエンシー・エコノミクス(HFE)の米国担当チー フエコノミスト、ジム・オサリバン氏は「財政面がかなりの足かせにな っているにもかかわらず、経済が改善の兆しを見せつつあることは疑い ない」と指摘。その上で前向きな要素として、「労働市場の改善がある が、加えて資産も全般的に増加している」と述べた。

現況指数は69.2(前月64.8)に上昇。今後6カ月間の期待指数 は89.5(前月80.6)に上げた。

今後6カ月間に雇用が増えるとの回答の比率は19.6%と、前月 の16.3%から上昇。雇用が現在十分にあると回答した比率は11.7%に上 昇し、08年9月以来の高水準となった。前月は9.9%。

今後6カ月間にビジネス環境が改善すると回答した比率は20.3%と 7カ月ぶり高水準。前月は18.7%。

ください。

原題:Consumer Confidence in U.S. Increases More Than Forecast (3)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE