コンテンツにスキップする

中国人民銀:短期市場の安定保持を表明、流動性逼迫は解消へ

中国人民銀行(中央銀行)は25日、 複数の政策手段を駆使して短期金融市場の安定を守ると表明するととも に、流動性の逼迫(ひっぱく)は和らぐとの見通しを示した。中国経済 の流動性逼迫が解消されることが示唆された。

人民銀は短期市場の金利を安定させるため、複数の金融機関に流動 性を供給したとの声明を、25日にウェブサイトに掲載。短期流動性オペ や常設の融資ファシリティーなどの政策手段を使って市場の安定を確実 にすると表明した。中銀はまた、商業銀行に対して流動性管理を改善す るよう求めた。

翌日物レポ金利が先週、過去最高に跳ね上がって以降で初めて、中 銀は逼迫緩和に向けた行動を公に確認した。25日は先に、人民銀上海支 店の幹部、凌涛氏が流動性危機は制御可能だと言明していた。与信拡大 ペースが経済成長率を上回る中で、李克強首相は投機的な融資を中国の 銀行システムから一掃しようとしている。

光大証券の徐高チーフエコノミスト(北京在勤)は「メッセージは 明瞭だ。中銀は中国の金融市場での津波発生を望まない。市場金利はさ らに下がるだろう」として、「中銀は市場に精神安定剤を出した」とコ メントした。

中銀が流動性供給を手控え資金が逼迫したことで懸念が広がり、株 価は急落。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は24 日に弱気相場入りした。25日の株価は荒い値動きで、上海総合指数は一 時、前日比5.8%安となった後、0.2%安で終了した。

「逼迫は徐々に解消へ」

中銀は声明で「季節要因および感情的な要因が除去された後は、金 利の変動と流動性の逼迫は徐々に解消するだろう」との見通しを示し た。金利の上昇は融資の急拡大、今月にあった連休の期間の資金需要、 外為市場での変動などが理由との見方を示した。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめた加重平均金利による と、翌日物レポ金利は25日、47bp低下の6%となった。20日には過去 最高の12.85%に達していた。今年の平均は3.12%。

中銀は25日、金融機関の手元現金は21日に1兆5000億元程度だった とし、「通常の状況下」で必要な額は6000億-7000億元だと指摘。「現 在の流動性は不十分ではない」と説明した。

凌氏は25日上海での記者説明で、「中銀は今後、銀行システム内の 流動性の変動を注視し、対外決済や流動性の需給環境に基づき柔軟に流 動性管理を調整する」と述べた。人民銀は「市場機関との対話を強化 し、参加者の期待を安定させるとともに市場金利を妥当な範囲に誘導す る」と語った。

凌氏は27日に始まる「陸家嘴フォーラム」に先立って発言した。野 村ホールディングスの中国担当チーフエコノミスト、張智威氏はリポー トで「流動性環境の変動は穏やかになるだろう」が、人民銀は恐らく 「引き締め気味な姿勢が続くだろう」との見通しを示した。

原題:China’s Central Bank Says It Will Ensure Stable Money Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE