コンテンツにスキップする

中国の金生産量、今年10%増加し過去最高へ-鉱業団体見通し

世界最大の産金国である中国の今年 の金生産量が約10%増加し、過去最高水準に達するとの見通しを、同国 国土資源省の関連団体である中国鉱業協会が示した。金相場は下落して いる。

中国鉱業協会の王家華・副会長によると、同国の今年の金生産量は 最大440トンに増加する見通し。中国は2007年に南アフリカ共和国を抜 き世界最大の産金国となった。同協会のデータによれば、中国の昨年の 金生産量は403トン。

王副会長は21日、山東省招遠でのインタビューで「資産価値の保護 手段としての金の役割は、中国で依然として広く認識されている」と指 摘。「世界経済はまだ困難な状況を脱していない。欧州のソブリン債危 機は解決されておらず、日本のアベノミクスが機能するかどうかについ ては懐疑的な見方がなお多い。従って、金相場の下落余地は限定的だろ う」と述べた。

原題:China Gold Production Seen Rising 10% to Record by Mining Group(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE