コンテンツにスキップする

6月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル指数が約2週ぶり高水準、安全資産への逃避

24日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨に対して総 じて上昇した。主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル指数が約2週ぶりの高水準。投資家が高利回り通貨か ら比較的安全だとされているドル建て資産に資金を振り替えたことが影 響した。

ドルは対ユーロでもみ合い。25日は5月の米耐久財受注が発表され るが、エコノミスト予想では前月比で増加となっている、また4月の住 宅価格指数も上昇が見込まれている。ダラス連銀のフィッシャー総裁が 投資家は金融当局による資産購入縮小の計画に過度に反応すべきではな いとの見解を示すと、ドルは対ユーロでの上げを失った。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・キム 氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は、「利回りを求めた取引 が手じまわれ、投資家は買い過ぎた資産を手放しつつある」と述べ、 「手じまい売りやキャリー取引の解消を望む投資家の恩恵をドルは受け ることになるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドル指数は0.1%上昇し て82.433。一時は5日以来の最高をつけた。

ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.3120ドル。ドルは対 円で0.2%下げて1ドル=97円73銭。円は対ユーロで0.2%上昇して1ユ ーロ=128円22銭。

JPモルガン・チェースがまとめる主要7カ国(G7)通貨を基に 算出されるボラティリティ指数は一時11.96%と、2012年1月以来の最 高をつけた。過去1年間の平均値は8.76%となっている。

フィッシャー総裁の発言

フィッシャー総裁は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのイ ンタビューで、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の19日 の発言後、投資家は「野生の豚」のような動きを見せたと指摘した。イ ンタビューの内容は24日、FTのウェブサイトに掲載された。

今週はアトランタ連銀のロックハート総裁やリッチモンド連銀のラ ッカー総裁、クリーブランド連銀のピアナルト総裁、さらにサンフラン シスコ連銀のウィリアムズ総裁が講演を予定している。

オプション市場では、ユーロのドルに対する1年物プットオプショ ン(売る権利)価格のコール(買う権利)価格に対するプレミアム(上 乗せ幅)が1.88ポイントと、昨年9月13日以来で最も弱気となった。

野村ホールディングスの外国為替ストラテジスト、チャールズ・サ ンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は「米国の長期利回りが過去1週間 で上昇し続けた」と指摘、「それがある程度、資金をドルへと呼び込ん だ」と続けた。

耐久財受注、ケース・シラー住宅価格指数

ブルームバーグがまとめた予想によると、米商務省が発表する5月 の製造業耐久財受注額は前月比で3%増が見込まれている。また全米20 都市を対象にした4月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で10.6%上昇が予想さ れている。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計344億ドル。前営業日は620億ド ルだった。このうち対円でのドルのオプションの出来高は83億ドルで、 シェアは24%と最大だった。

ブルームバーグの分析によると、この日の対円でのドルのオプショ ン取引は過去5週間の月曜日の取引平均値を31%上回った。

原題:Dollar Index at Almost 2-Week High on Flight to Safer Assets(抜粋)

◎米国株:反落、中国株につれ安-S&P500種は9週間ぶり安値

米株式相場は反落。S&P500種株価指数は9週間ぶり安値を付け た。中国の資金逼迫が成長に悪影響を及ぼすとの懸念から、中国株が弱 気相場入りしたことにつれた。米国の量的緩和が縮小された場合の影響 にも注目が集まっている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)やシティグループなど銀行株が 安い。アップルは大幅安。「iPhone(アイフォーン)」の過剰在庫 でジェフリーズが目標株価を引き下げたことが嫌気された。しわ治療の ボトックスを製造するアラガンは投資判断の引き下げを受けて12%急落 した。一方、病院経営のバンガード・ヘルス・システムズは67%高。同 社は同業のテネット・ヘルスケアに約18億ドルで買収されることで合意 した。

S&P500種株価指数は前営業日比1.2%安の1573.09と、4月22日 以来の安値。ダウ工業株30種平均は139.84ドル(0.9%)下げ て14659.56ドル。米証券取引所全体の出来高は約85億株と、3カ月平均 をおよそ32%上回った。

ファースト・シチズンズ・バンクシェアーズのエリック・ティール 最高投資責任者(CIO)は電話インタビューで、「国内の経済指標は 引き続き改善しているが、より広範なマクロ金融政策問題が特に影を落 としている。現時点で収益の先行きが見通せないほか、海外情勢が国内 の回復よりも材料視されている」と発言。「株価が前年比で高く伸びて いることから持ち高を減らす動きが出ているのかもしれない」と語っ た。

世界株安

この日は中国が弱気相場入りするなど世界的に株安となった。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前週末比6.3%安 と、2009年8月以降で最大の下げ。年初来高値から20%以上値下がりし た。先週は資金が逼迫(ひっぱく)し、指標となる短期金利が過去最高 に達した。この日の米10年債利回りは一時2.66%と、11年8月以来の高 水準を付けた。

S&P500種は一時、2007年の終値ベースでの高値である1565.15を 下回る場面もあった。3月には同水準を超え、金融危機以来の下げを埋 めた。

資産運用会社リーマンのシニア・ポートフォリオマネジャー、イー サン・アンダーソン氏は「投資家は金利上昇や金融緩和の縮小という憶 測に揺らいでいる。中国の中央銀行システムが実際にどの程度強いのか という不透明感もある。ニュースに反応しやすい環境にあり、投資家は 動きづらい状況だ」と指摘した。

フィッシャー総裁

S&P500種は一時、2%下げたが、ダラス連銀のフィッシャー総 裁が金融当局による資産購入縮小の計画に投資家は過度に反応すべきで はないとの見解を示すと下げ渋った。

ウェドブッシュ・セキュリティーズの株式トレーディング、マネジ ングディレクターのマイケル・ジェームズ氏は「フィッシャー総裁の発 言は、先週のバーナンキ議長発言による悪影響を弱める内容となったよ うだ。トレーダーやセンチメント主導の市場であり、すぐさまどちらの 方向にも動きやすいことに変わりはない」と述べた。

S&P500種のセクター別では全10種が下落。特に金融や工業、素 材株の下げが目立った。BOAは3.1%安と、ダウ平均の構成銘柄の中 で下げが最もきつい。シティも3.1%下落。

原題:U.S. Stocks Fall on China Slump as S&P 500 Drops to 9-Week Low(抜粋)

◎米国債:30年債が4日ぶり反発、高利回りで買い集まる

米国債市場では30年債が4営業日ぶりに反発。利回りが2011年以来 の高水準となったことで買いが集まった。ダラス連銀のフィッシャー総 裁が投資家は金融当局による資産購入縮小の計画に過度に反応すべきで はないとの見解を示したことも材料視された。

10年債相場は下げを縮める展開。米国債は一時大きく下げていた。 米金融当局が量的緩和を縮小し、最終的には過去最低水準にある政策金 利の引き上げにつながるとの見方から、オーストラリアやドイツなど各 国の国債相場も下げた。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長 は19日、年内にも量的緩和を縮小させ始め、14年年央には終了する可能 性があると述べた。米財務省は今週、国債入札(発行総額990億ドル) を実施する。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「フィッシャー 総裁の発言が相場の安定化に多少寄与した」とし、「大半の人が米国債 は売られ過ぎだと考えている。フィッシャー総裁が相場を安定させる発 言をしたことで、一部に買い安心感が広がった」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前週末比4ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)低下の3.55%。一時7bp上昇の3.65%と、11年9月1 日以来の高水準となった。先週は28bp上昇と、09年8月以降で最大の 上げとなっていた。同年債(表面利率2.875%、2043年5月償還)価格 はこの日18/32上げて87 21/32。

10年債利回りはほぼ変わらずの2.54%。一時13bp上昇の2.66% と、11年8月以来の高水準を付けた。2bp低下し2.51%を付ける場面 もあった。利回りは先週、週間で40bp上昇していた。

相対力指数

相対力指数(RSI、14日間)は10年債が77.6、30年債は69.2。同 指数が70を上回ると利回りが反転する可能性を示唆する。

ダラス連銀のフィッシャー総裁は、金融当局の政策は引き続き緩和 的だと述べた。

総裁は「議論されているのは以前の状況に戻すということだ」と し、「『出口』という言葉はここでは適切ではない」と続けた。

総裁は24日、ロンドンでの講演で、連邦公開市場委員会 (FOMC)に参加する19人の予想通りに景気回復が進んだ場合は「刺 激策を縮小すべきという点で、バーナンキ議長に完全に同意する」と述 べた。FOMCは19日発表した経済予測で、14年の成長率予想を3 -3.5%に上方修正した。失業率については14年末までに6.5-6.8%に 低下するとの見方を示した。

フィッシャー総裁は追加量的緩和策に反対を表明している当局者の 一人。総裁は今年のFOMCで投票権を持たない。

金融緩和策の道程

ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁は緩和策の今後の道程を金融 当局は一層明確に示す必要があると指摘した。また、毎月実施している 債券購入は少なくとも失業率が7%未満に低下するまで続けるべきだと の見解を示した。

米国債のボラティリティ(変動性)の指標とされるメリル・オプシ ョン・ボラティリティ・エスティメート(MOVE)指数は110.98に上 昇。これは11年11月17日以来の高水準。年初からの平均は62。

原題:U.S. 30-Year Bonds End 3 Days of Losses as Yields Boost Demand(抜粋)

◎NY金:反落、米緩和縮小観測やゴールドマンの価格予想引き下げで

ニューヨーク金先物相場は反落。米金融当局が緩和策を縮小すると の観測を背景に、価値保存手段としての金買いが後退した。

金は21日に一時オンス当り1268.70ドルに下落し、2010年9月以来 の安値をつけた。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は 先週、経済が継続して改善すれば当局は緩和策の縮小を年内にも開始し 来年に同プログラムを終了する可能性があるとの認識を示した。ゴール ドマン・サックス・グループは2014年までの年末の価格見通しを引き下 げた。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「当局発信のシグナルが金を 失速させた」と指摘。「弱気なセンチメントが一段の売りをもたらし、 さらなる下落が見込まれるため、買いが手控えられている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比1.2%安の1オンス=1277.10ドルで終了した。

原題:Gold Drops With Silver on Fed Outlook as Goldman Cuts Forecasts(抜粋)

◎NY原油:反発、洪水でカナダのパイプラインが輸送停止

ニューヨーク原油先物相場は4営業日ぶりに上昇。カナダのアル バータ州でパイプライン3本が洪水の影響で輸送停止となったことか ら、買いが入った。

パイプラインを運営するエンブリッジによると、再稼働のめどはま だ立っていない。米エネルギー情報局(EIA)のデータによると、カ ナダは米国の原油輸入源としては世界最大。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「市場はアルバータの状況をひどく心配し ている」と指摘。「洪水の影響は当初思っていたよりひどそうだ。カナ ダ産原油が輸入されないことで、ウェスト・テキサス・インターミディ エート(WTI)などの油種の需要が高まるはずだ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前営業 日比1.49ドル(1.59%)高の1バレル=95.18ドルで終了。一時は92.67 ドルまで下げ、4日以来の安値を付けていた。

原題:WTI Crude Climbs After Flooding Shuts Alberta Pipelines to U.S.(抜粋)

◎欧州株:ストックス600は年初来の上げ解消-中国先行きを懸念

欧州株式相場は5営業日続落。指標のストックス欧州600指数は年 初来の上げを解消した。銀行で流動性が逼迫(ひっぱく)しているとの 懸念が広がる中国の成長率見通しをゴールドマン・サックス・グループ が引き下げた。

オーストリアの銀行、エルステ・グループ・バンクは1年5カ月ぶ りの大幅安。公的資金の返済に向けた株主割当増資の計画を明らかにし た。カザフスタンの鉱山会社、カザフミスは約4年ぶり安値に下落。同 社は26%出資するユーラシアン・ナチュラル・リソーシズ(ENRC) の株式非公開化の計画を支持した。一方、ドイツのケーブル事業者、カ ーベル・ドイチュラント・ホールディングは1.7%上昇。英ボーダフォ ン・グループが77億ユーロの買収案を提示した。

ストックス欧州600指数は前週末比1.7%安の275.66で終了。バーナ ンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が米景気に持続可能な改善が 見られれば金融緩和策の縮小は可能だと示唆した5月22日以降では、同 指数は11%下げており、調整局面入りした。

CCLAインベストメント・マネジメントのジェームズ・ビーバン 最高投資責任者(CIO)はブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「中国は向こう6-9カ月以内に政策綱領を変更するもようだ」 とし、「この期間にボラティリティと不透明感は継続し、調整が起こる 中で痛みが感じられるだろう」と語った。

ストックス欧州600指数は月初来では8.4%安と、月間ベースで は2011年8月以来の大幅下落となっている。

この日の西欧市場ではアイスランドを除く16カ国で主要株価指数が 下落した。ギリシャ市場は祝日のため休場。

原題:Europe Stocks Drop on China Concern; Stoxx 600 Erases 2013 Gains(抜粋)

◎欧州債:独債利回り、1年2カ月ぶり高水準-米緩和縮小観測で

欧州債相場は前週の下落基調を引き継ぎ、24日も軒並み下げた。ド イツ10年債利回りは1年2カ月で最高となった。米金融当局が刺激策で ある資産購入の縮小を始めるとの懸念を背景に、国債の需要が後退し た。

イタリア2年債利回りは6カ月ぶり高水準に達したほか、スペイ ン10年債利回りは約12週間ぶりに5%台に乗せた。ベルギー国債も値下 がり。同国は27億1000万ユーロ相当の国債入札を実施した。フランス国 債も売られた。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長が債券購 入を年内に縮小し始め2014年半ばまでに終了する可能性を示した19日以 降、世界的に国債相場は下げている。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏 (フランクフルト在勤)は「米当局の出口政策が債券にとって大きな痛 手となるとの懸念は根強い」とし、「安定化の兆しはなく、相場は脆弱 (ぜいじゃく)な状態にある」と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比9 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.82%。一時 は1.85%と、2012年4月4日以来の高水準に達した。同国債(表面利 率1.5%、2023年5月償還)価格は0.835下げ97.135。

前週末にルクセンブルクで開かれた欧州連合(EU)財務相理事会 は銀行が破綻した場合の損失負担方法に関して合意が得られず、協議は 物別れに終わった。これもユーロ導入国の国債を押し下げる要因となっ た。EU首脳会議に間に合うよう、財務相らは26日に協議を再開する。

英国債相場も下落し、10年債利回りは11年10月以来の高水準となっ た。英公債管理局(DMO)は週内に銀行団を通じて2068年償還債を発 行する。

ロンドン時間午後4時40分現在、10年債利回りは13bp上昇 し2.54%。11年10月31日以来の高さとなる2.59%まで上げる場面もあっ た。同国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は1.02下げ て93.52。

原題:German Yields Reach 14-Month High as European Bonds Extend Slide(抜粋) U.K. Gilt Yields Rise to Highest Since 2011 on Fed Taper Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE