コンテンツにスキップする

米ダラス連銀総裁:景気回復に伴う緩和縮小を支持

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、金融当局者の予測に沿って景気が回復すれば、毎月実施している債 券購入の規模縮小を支持する考えを示した。総裁は今年、連邦公開市場 委員会(FOMC)で投票権を持たない。

総裁は24日、ロンドンでの講演で、FOMCに参加する19人の予想 通りに景気回復が進んだ場合は「刺激策を縮小すべきという点で、バー ナンキ議長に完全に同意する」と述べた。フィッシャー総裁は追加量的 緩和策に反対を表明している当局者の一人。

総裁は債券購入について「私はこのプログラムを好きになれない」 とし、米経済は完全雇用の達成に向け財政政策による一層の後押しが必 要だと加えた。その上で、「私が望むのは、賢明な金融政策と賢明な財 政政策の融合だ」と述べた。

原題:Fed’s Fisher Says He Backs Tapering QE With Economic Improvement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE