コンテンツにスキップする

米ダラス連銀総裁:議長の緩和縮小発言、市場の反応行き過ぎ

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、投資家は金融当局による資産購入縮小の計画に過度に反応すべきで はないとの見解を示した。

総裁は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビュー で、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の19日の発言後、 投資家は「野生の豚」のような動きを見せたと指摘した。インタビュー の内容は24日、FTのウェブサイトに掲載された。フィッシャー総裁は 今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

原題:Fisher Cautions Against Overreacting to Fed’s June 19 Statement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE