コンテンツにスキップする

欧州株:ストックス600が年初来の上げ解消-中国先行きを懸念

欧州株式相場は5営業日続落。指標 のストックス欧州600指数は年初来の上げを解消した。銀行で流動性が 逼迫(ひっぱく)しているとの懸念が広がる中国の成長率見通しをゴー ルドマン・サックス・グループが引き下げた。

オーストリアの銀行、エルステ・グループ・バンクは1年5カ月ぶ りの大幅安。公的資金の返済に向けた株主割当増資の計画を明らかにし た。カザフスタンの鉱山会社、カザフミスは約4年ぶり安値に下落。同 社は26%出資するユーラシアン・ナチュラル・リソーシズ(ENRC) の株式非公開化の計画を支持した。一方、ドイツのケーブル事業者、カ ーベル・ドイチュラント・ホールディングは1.7%上昇。英ボーダフォ ン・グループが77億ユーロの買収案を提示した。

ストックス欧州600指数は前週末比1.7%安の275.66で終了。バーナ ンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が米景気に持続可能な改善が 見られれば金融緩和策の縮小は可能だと示唆した5月22日以降では、同 指数は11%下げており、調整局面入りした。

CCLAインベストメント・マネジメントのジェームズ・ビーバン 最高投資責任者(CIO)はブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「中国は向こう6-9カ月以内に政策綱領を変更するもようだ」 とし、「この期間にボラティリティと不透明感は継続し、調整が起こる 中で痛みが感じられるだろう」と語った。

ストックス欧州600指数は月初来では8.4%安と、月間ベースで は2011年8月以来の大幅下落となっている。

この日の西欧市場ではアイスランドを除く16カ国で主要株価指数が 下落した。ギリシャ市場は祝日のため休場。

原題:Europe Stocks Drop on China Concern; Stoxx 600 Erases 2013 Gains(抜粋)

--取材協力:Francine Lacqua、Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE