コンテンツにスキップする

世銀は「ビジネス環境」番付け廃止を-独立審査会が悪影響指摘

世界銀行の「ビジネス環境の現状」 報告書は政府に好ましくない影響を与えるとして、これをやめるべきだ との見解が独立審査会から出された。同報告書はビジネス環境の良さを 国別ランキングで表したもので、世銀が毎年発表している。

同審査会を率いるトレバー・マニュエル氏(元南アフリカ財務相) では24日、ロンドンで記者団に対し、「ビジネス環境の現状」報告書は 新たな名前を付けて、異なる方法でまとめるべきだと述べた。

世銀のキム総裁は同報告書の発表を継続する意向を表明している が、一部の非営利団体からは批判の声が上がっており、インドなど政府 からも反対意見が出ていると言う。キム総裁はデータや調査方法、ラン キングの改善を図るようスタッフに指示することを約束した。

オーストリアの税法研究機関に務めるジェフリー・オーウェンズ氏 は「一部の国ではランキングを上げるために政策が決定されている」と 指摘した。

審査会は昨年10月、「政策当局者らが提起した問題」に応じる形キ ム総裁が設立した。

原題:World Bank Is Told to Dump Rankings From ‘Doing Business’ Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE