コンテンツにスキップする

米国務長官:スノーデン容疑者送還への協力をロシアに要請

ケリー米国務長官は24日、ロシアに 対し、米政府の監視プログラムを暴露した元米中央情報局(CIA)職 員エドワード・スノーデン容疑者の米国送還に協力するよう求めた。エ クアドルへの亡命を求めているスノーデン容疑者は、潜伏していた香港 を離れモスクワ入りしている。

ケリー長官はニューデリーで開かれたインドのクルシード外相との 共同会見で、「法にのっとって対処するよう強く要請する」と言明。米 国はここ数年間に「ロシアが望んだ」7人の囚人を移送したとし、法順 守における相互主義が「極めて重要だ」と続けた。

さらに、もしロシアがスノーデン氏のモスクワ到着を事前に通知さ れたにもかかわらず、「その通知を意図的に無視し、法に従わないと決 定」したのであれば「深刻な問題だ」と述べた。

米国とロシアは犯罪人引き渡し協定を結んでいないことから、スノ ーデン容疑者がロシア入りしたことで、オバマ政権としては同容疑者の 米国送還が難しくなる可能性がある。

原題:Kerry Calls on Russia to Return Fugitive CIA Contractor Snowden(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE