コンテンツにスキップする

米株式公開企業の公募、96年以来の高水準-IPOは鈍化

米株式市場が最高値圏にある中で新 規株式公開(IPO)が鈍化しているが、株式公開企業による公募・売 り出しは17年ぶりの高水準にある。

ブルームバーグの集計データによると、サーモ・フィッシャー・サ イエンティフィックやダラー・ゼネラル、HCAホールディングスなど の米企業は2013年に780億ドル(約7兆6600億円)相当の公募・売り出 しを実施した。これらの企業による334件の公募・売り出しは1996年以 降で最多。IPOは31%減少し199億ドルと、10年以来の低水準。

弱気派は公募・売り出しの増加について、米連邦準備制度理事会 (FRB)の景気刺激策が招いたひずみであり、株価が大きく上昇する 確率は低いとプライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資会社や 最高経営責任者(CEO)が見ている表れだと指摘。強気派はIPO鈍 化が相場がバブル気味でないことを示していると話す。ブルームバーグ の集計データによれば、公募・売り出しが前回ピークを打った96年や04 年は成長加速を受けて複数年にわたる相場上昇局面のさなかだった。

スチュワート・キャピタル・アドバイザーズの最高投資責任者 (CIO)として11億ドルを運用するマルコム・ポーリー氏は20日の電 話インタビューで、「株式は金利上昇に伴い過大評価されてくることか ら、投資のプロが今、売り始めている。PE会社や企業の内部関係者、 企業が株式を売却しているのはこのためだ」と指摘。「投資のプロが売 るのに自分が買うべきなのかと投資家はいずれ考えることになる」と述 べた。

原題:Stock Sales at $78 Billion Highest Since ’96 in U.S. Secondaries(抜粋)

--取材協力:Alexis Xydias.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE