カーテンに閉ざされた大阪の賃貸ア パートの一室。10あるコンピュータースクリーンを前に座る村上直樹氏 (34)は、10秒間に目まぐるしく動く東京電力株を売買し、36万円の利 益を手にした。

かつては浄水器の営業マンだった村上氏は、今では裸足、短パン姿 で自身のオフィスを陣取るデイトレーダー。株価558円で5万株の東電 株の空売り注文を出し、下がった後は1円刻みで全株を買い戻す。数秒 後に株価が反転すると、再度空売りで10万円の利益を積み増した。株式 市場が取引を開始してちょうど10分で、日本の平均的なサラリーマンの 1カ月分の収入以上を稼ぎ出した。

毎日20-30回の売買を繰り返す村上氏は、ことしになって運用資産 を7500万円まで従来の2倍近くに増やした。しかし同氏によると、チャ ットで普段やり取りするデイトレーダー仲間の7人の中では、彼は最も 小口のプレーヤーに過ぎず、親しい仲間らの1日売買代金の合計はおお むね80億-100億円程度に達すると言う。

5月には休暇を利用し、仲間数人とインドネシアのバリ島へ出かけ た。コンピューターを駆使する仲間の輪が広がり、バカンスをリゾート で過ごす姿はヘッジファンドの運用者さながらだ。複数のデイトレーダ ーによると、こうした仲間の集まりは地域ごとにいくつもある。

複数の証券会社に分かれる別々の口座での手順、形式を統一でき、 高速発注できる株式注文ツール「T plus plus」を開発し、自身も5億 円を運用している東京都内在住の河田正広氏(40)。普段より売買が盛 り上がっている銘柄などを投資対象とし、1日に10回程度を売買する。 パソコン画面の銘柄一覧に表示された個別銘柄の板情報をにらみつつ、 「売買成立の点滅具合で相場の雰囲気を感じ取る」のがスタイルだ。

プロップデスクと同じ

河田氏は、絶えず移り変わる相場の軸や銘柄の連動性、市場テーマ などに目を配りながら売買を繰り返し、ことしの利益は2億円に達し た。SBI証券が開示する売買代金ランキングの動向を見れば、個人の 売り越しや買い越しが、その後の株価の方向性に先行していることが多 く、「日本の個人投資家は売買がうまい」と話す。

JPモルガン証券・株式調査部長のイェスパー・コール氏は、日本 で勃興するデイトレーダーの売買手法や投資の考え方、売買金額などに ついて、「この人たちはプロだ。普通の証券会社のプロップデスク(自 己勘定取引)と同じ行動をとっている」と舌を巻く。

日本株はことしに入り売買が急拡大し、個人投資家はその重要な立 役者だ。アベノミクスによる金融緩和や成長戦略への期待から日本株に 対する先行き期待が高まるとともに、個人投資家の売買は活発化。海外 投資家主導が長年定着してきた日本株で、相場の方向性に影響を与える もう一つの投資主体としてクローズアップしてきた。

東京証券取引所の投資部門別売買動向(東証、大証、名証1・2部 等合計)によると、個人の5月の売買代金は過去最高となり、SBI証 券や楽天証券、カブドットコム証券などネット証券大手5社の売買代金 も最高額を更新。うち松井証券とマネックス証券は、2005年12月の従来 記録を7年5カ月ぶりに塗り替えた。売買代金に占める個人のシェア も、昨秋の20%以下から5月には35.4%と08年12月以来の水準に達し、 5割を超す海外投資家との差を縮めた。

立花証券で個人投資家の動向を長年見てきた平野憲一顧問による と、「投資対象銘柄数が少なく、1人の個人による全体への影響力が限 られる為替の分野に比べ、対象が3000銘柄超に分散している株式市場で は、資金力が増した個人が個別銘柄に与える影響度は大きい」と言う。 日々のマーケットでは、デイトレーダーが中心となって個別銘柄を10% 動かすケースも少なくないそうだ。

ボラティリティ拡大の一因か

日経平均株価は、昨年11月中旬から年初来高値を付けた5月23日ま での半年間で2倍近く上昇。その後相場は急激、大幅な調整局面に入 り、ボラティリティ(変動性)が急拡大した。日本株市場における存在 感で、個人に追われる立場となった海外投資家の間からは日本のデイト レーダーの動きを警戒する声が上がっている。

プロスペクト・アセット・マネジメントの投資責任者、カーティ ス・フリーズ氏(東京在勤)は、「デイトレーダーはボラティリティを 作り出している」と主張。現在の東京市場のボラティリティの大きさ は、「デイトレーダーにとっては素晴らしいが、私を含めた平均的な長 期投資家にとっては恐い」と話す。

「日経平均は2カ月で2割上がって2割下がった。1年のボラティ リティが2カ月で生じた」と話すのは、しんきんアセットマネジメント の山下智己主任ファンドマネージャー。山下氏はデイトレーダーがボラ ティリティを高めているとは言えないとしながらも、日本株市場で「個 人の大勢としての力が増えてきている」との認識を示した。

挑戦心と恐怖心

日経平均のボラティリティが東日本大震災以来の大きさに達した乱 高下は、個人の株式投資人気にも影を落とし始めている。都内に住む OL、村山真木氏(38)も安倍政権誕生後の株高で自分も株式などの投 資に挑戦してみたいと思いつつ、「5月末からの株価の急落を見て、現 実はそう甘くないと痛感した」1人だ。

個人の売買代金シェアは直近で23.6%にまで低下し、5月までの勢 いに陰りも見られる。投資で資産を増やしたい半面、一瞬にして大損す る可能性もあり、「恐くて、挑戦するべきかこのところ日々迷ってい る」と村山氏。そんな彼女だが、「エンターテインメントやファッショ ン、食品や外食関連などは株式優待制度なども充実している」と一方で は興味ものぞかせ、「もし投資するなら、自分の生活スタイルや趣味に 密着した形の会社を選びたい」と言う。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE