コンテンツにスキップする

トヨタ社長は低燃費世界一CEOか-V字回復も報酬VW及ばず

トヨタ自動車の小型ハイブリッド車 「アクア」が世界一の低燃費車とすれば、同社を率いる豊田章男社長は 世界の自動車業界でもっとも燃費がいい最高経営責任者(CEO)とい うべきかもしれない。リコールや東日本大震災、円高などの逆境を跳ね 返して自動車販売世界一の座を奪還する中で、報酬は競合他社の経営者 と比べて格段に低い水準にある。

トヨタが24日公表した2012年度の有価証券報告書によると、豊田氏 の役員報酬総額は基本報酬と賞与、ストックオプションを含めて1 億8400万円だった。前年度に比べ35%増となったが、それでも11年度の 報酬総額が9億8700万円だった日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏 と比べて5分の1以下に過ぎない。米フォード・モーター、独フォルク スワーゲン(VW)など世界の自動車大手の経営トップにいたっては昨 年の報酬は日本円で20億円前後と、豊田氏と10倍程度の開きがある。

経営破綻を経て政府が公的資金を投入したゼネラルモーターズ( GM)では、米国とカナダ政府の株式保有比率がまだ20%を超えてい る。そのダン・アカーソンCEOですら約1100万ドルの報酬を得てい た。

豊田氏は09年の就任以来、自然災害や円高などに加え大規模リコー ルというトヨタ独自の問題も抱えながら、「いいクルマづくり」を唱 え、企業価値向上に努めてきた。自らハンドルを握って国際レースに出 場、ブログやフェイスブックを通じ情報発信もしてきた同氏のもとで、 トヨタは世界販売首位の座をGMから奪い返し、12年度の純利益は前年 度比3.4倍の9622億円を計上、13年度もさらに42%増の1兆3700億円を 見込む。株価も就任時から約4年間で6割近い上昇を記録している。

企業規模の割に低水準

アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンの寺尾和之最 高投資責任者は、日本にはプロフェッショナルの経営者やそのための市 場が存在せず、欧米とは状況が異なると前置きした上で、豊田氏の報酬 水準について「これだけ大きい企業のマネジメントを任されている立場 としては低過ぎる」と話した。

日本取締役協会の経営者報酬ガイドライン(13年度)によると、日 本は先進国と比べ最低水準にあるほか、業績連動報酬の割合が低く、固 定報酬比率が高いなどとしている。

トヨタは世界160以上の国や地域で事業を展開し、連結従業員33万 人超。売上高、株式時価総額などで国内最大の企業だが、豊田氏をはる かに上回る報酬を得ている国内企業の経営者もいる。保険調剤薬局チェ ーンを運営する日本調剤は11年度の売上高が1300億円だったが、三津原 博社長は約6億5100万円を得ていた。

嫉妬への恐れ

「日本企業の役員は働きぶりの割には十分報いられているとはいえ ない」とアトランティス・インベストメント・リサーチのエドウィン・ マーナー氏は話す。「格差ができることによって従業員の間に嫉妬の感 情を生むことを会社側が恐れているからだ」という。

アリアンツの寺尾氏は、文化の問題もあって欧米企業より役員報酬 の水準が低い日本企業の利益率向上のためには「業績が上がれば報酬を 増やす、下がれば減らすというインセンティブの部分でもっと上げても いいのではないか」とコメントした。トヨタの業績改善のうち豊田氏の 手腕による部分がどれほどかは分からないと話した。

自動車業界トップは株主の期待にどれだけ応えたのだろうか。12年 度の株価は、トヨタが36%の上昇に対し、日産自は2.7%高に過ぎな い。12年の海外大手と比較すると、56%高だったトヨタは、57%高の VWにほぼ匹敵、42%高のGMや、20%高のフォードを上回っている。

もっとも、創業家出身で、トヨタ発行済み株式の0.13%にあたる 約459万株を保有する豊田氏にとって、13年度は配当収入の大幅な増加 を期待できそうだ。

配当収入、資産価値は増加

トヨタ広報担当の山田詩乃氏によると、トヨタの配当性向に関して は、業績や投資計画、手元資金の状況などを考慮した上で30%をめどと している。ブルームバーグ・データによるアナリスト23人の13年度の純 利益予想平均値は1兆6213億円。配当性向30%を適用すれば、年間配当 は約150円と過去最高だった07年度の140円を上回り、豊田氏の配当収入 は7億円前後に拡大する。

また、株価の上昇で保有株の資産価値も拡大している。トヨタ株 の24日終値は5750円。12年の年初から比較すると2倍超となり、豊田氏 の保有株の価値は約260億円に膨れ上がっている。

自動車調査会社、カノラマの宮尾健アナリストは、日本では経営者 が巨額の配当金を受け取ると批判を受けることもあると前置きした上 で、開発にだけ利益を回すと「株主をおざなりにしてることになる」と も指摘し、配当金は業績に合わせて増やすなど「きちっと株主に回して いくと良い」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE