コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国株下落、印株は上昇

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン指数は4日続落。週間ベースでは約4年 半で最長の下落局面となった。中国の銀行の信用収縮が利益に打撃を与 えるとの懸念が広がった。中国本土で指標となる短期金利が過去最高水 準から下げたことから、香港株の下落幅は縮小した。

マカオでカジノを運営する銀河娯楽(27 HK)は8.4%安。JPモル ガン・チェースが同銘柄の投資判断を引き下げた。時価総額で中国最大 の産金会社、紫金鉱業(2899 HK)は6%安。一方、中国工商銀行 (1398 HK)は下げを消し、今月初めての上昇で引けた。

ハンセン指数は前日比119.56ポイント(0.6%)安の20263.31で終 了。週間ベースでは3.4%下落した。6週続落と、2008年10月以来最長 の下落局面となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.3% 安の9237.47で引けた。

JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア担当チーフ市場ス トラテジスト、タイ・フイ氏(香港在勤)はブルームバーグテレビジョ ンのインタビューで、「中国には回復の勢いが欠けている。指標や流動 性の逼迫(ひっぱく)により不確実性が高まっている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は週間ベースで約4カ月ぶりの 大幅安となった。流動性の逼迫(ひっぱく)で経済成長が抑制されると の懸念や、米連邦準備制度による緩和策縮小の観測が広がった。

中国建設銀行(601939 CH)が3.8%下げるなど、銀行株が安い。光 大証券(601788 CH)は6%安。同社は担当している新規株式公開 (IPO)業務について、監督当局から調査中だとの通告を受けた。エ ネルギー生産で中国最大手のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH) は1.6%下落し、石炭生産のエン州煤業(600188 CH)は4.9%安。一 方、競売で住宅用地を取得した金地(集団、600383 CH)は3週間ぶり の大幅上昇となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比10.93ポイント(0.5%)安の2073.10で終 了。週間での下落率は4.1%と、2月22日以来の大幅な下げとなった。 上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.2%安 の2317.39。

東呉証券の鄧文淵アナリストは、中国「経済の動向は期待通りでは なく、米当局は世界中で市場にボラティリティをもたらしているほか、 中国の流動性不足も大きな問題を引き起こしている」と指摘。「相場の 回復が見込まれるのは、流動性逼迫が改善する可能性が高い7月初めに なってからだろう」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種指数は前日に1年 9カ月ぶり大幅安となったことから、一部投資家に買いを促した。ルピ ーが過去最安値から反発したことも手掛かりとなった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比54.95 ポイント(0.3%)高の18774.24で終了。前日は2.7%安と、2011年9 月22日以来最大の下落を記録していた。同指数のボラティリティ(10日 ベース)は1年2カ月ぶり高水準に達したほか、この日の売買高は30日 平均を47%上回った。インド石油ガス公社(ONGC)は2カ月ぶり大 幅高。ソフトウエア大手のインフォシスは約3週間で最大の値上がり。

前日の下落後、センセックス30種の株価収益率(PER、予想収益 ベース)は12.8倍と、4月以来の低水準となった。ルピーの対ドル相場 は過去最低まで下げた後、0.6%上昇した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比19.59ポイント(0.4%)安の4738.80。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比27.66ポイント(1.5%)安の1822.83。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比105.60ポイント(1.3%)安の7793.31。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE