コンテンツにスキップする

中国の光大証券、3月以来の大幅安-IPO業務めぐり当局調査

21日の上海市場で中国の光大証券の 株価が一時、この3カ月余りで最大の下げを記録した。同社が担当して いる新規株式公開(IPO)業務について中国証券監督管理委員会(証 監会)が調査を行っていることが明らかになった。

光大証券の株価は一時、前日比8.5%安と、3月4日以来の大幅 安。

同社が20日明らかにしたところによると、河南天豊節能板材科技が 計画しているIPOに関して、証監会から調査を開始したとの連絡を受 けた。証監会は上場に際してのデューデリジェンスが不適切だったとし て、これまでにも平安証券や民生証券など複数の証券会社を取り締まっ ている。

原題:Everbright Securities Falls on IPO Investigation: Shanghai Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE