コンテンツにスキップする

アップルが勝訴:サムスンが特許侵害と判断-東京地裁

国内で販売されている韓国サムスン 電子の携帯端末が特許を侵害しているとして、米アップルが損害賠償を 求めた訴訟で、東京地裁(大須賀滋裁判長)は21日、アップルの訴えを 認める判断を下した。今回は特許侵害の有無についてだけ判断する中間 判決で、損害賠償額については触れなかった。

損害賠償義務の有無や損害額については、今後、審理を続ける。判 決の対象となったのは、スマートフォン(多機能携帯電話)とタブレッ ト端末の計3機種。アップルはサムスンに1億円の損害賠償を、サムス ンは訴えの棄却を求めていた。

両社はスマートフォンやタブレットの特許に関して世界各地で係争 中で、東京地裁では3件目。昨年8月末の判決ではサムスンの主張が認 められ、2月の判決ではアップルが勝訴していた。

判決によると、争われたのは「iPhone(アイフォーン)」や 「iPad(アイパッド)」で使われるバウンスバックと呼ばれる視覚 的効果に関する特許。端末上で写真や文書を表示するページが端に到達 した後も移動し続けた場合、余白が現れてこれ以上コンテンツがないこ とを示し、指を離すと文書が跳ね返るように戻るもの。

サムスン電子の広報担当者ナム・キユン氏は「判決をよく検討した 上で、控訴するかどうか検討する」と述べた。アップル広報の竹林賢氏 のコメントは得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE