コンテンツにスキップする

中国:6月のHSBC製造業PMI、予想超える活動縮小示す

中国の製造業活動を測る民間の購買 担当者指数(PMI)は、活動縮小ペースが6月に速まっていることを 示した。銀行間金利が7年ぶりの高水準に上昇する中、中国経済と金融 システムのストレスを高めることになる。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが20日 発表した6月の中国製造業PMI速報値は48.3。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト15人の予想中央値は49.1だった。5月の改 定値は49.2で、製造業活動の拡大と縮小の境目を示す50を昨年10月以来 初めて下回っていた。

李克強首相がより持続可能な長期的成長のためにどの程度まで短期 の成長を犠牲にする用意があるのか、製造業活動の弱さと短期金融市場 の流動性逼迫(ひっぱく)によってさらに試されることになる。

光大証券の徐高チーフエコノミスト(北京在勤)は「短期金利がこ うような高水準にとどまれば、中国経済にとってハードランディングが 唯一のシナリオだ」と述べた上で、「いまやこの可能性が高まってい る。中国の成長率がどこまで低下し得るかを見るために指導部は意図的 に様子見姿勢を取っているかのようだ」と語った。

7月1日に発表されるHSBC製造業PMIの改定値で今回の数値 が確定すれば、昨年9月以来の低水準となる。同日には中国国家統計局 と中国物流購買連合会が6月の製造業PMIを発表する予定。5月の同 指数は50.8と4月の50.6から上昇した。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で、「成長維持のために中国政府は刺激策よりも改革を選んで いる」と分析。「改革は長期の成長見通しを押し上げ得るが、短期的な 影響は限られるだろう」とし、そのため4-6月(第2四半期)は「若 干弱めの成長を当行は予想している」と説明した。

原題:China Manufacturing Shrinks at Faster Pace Amid Cash Crunch (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE