コンテンツにスキップする

バーナンキ議長の後任探し、オバマ大統領に動き見られず

バーナンキ米連邦準備制度理事会( FRB)議長の後任をめぐる憶測が飛び交う中で、オバマ米大統領が正 式に適任者探しに乗り出した様子はない。

オバマ大統領は17日に放送されたPBSのチャーリー・ローズ氏の インタビュー番組で、すぐにも交代があることを金融市場に示唆しよう としたわけではない、と大統領側近は話す。側近によると、大統領はイ ンタビューで、バーナンキ議長が金融危機の中で示した強力な手腕に賛 辞を贈っただけだという。

ライトソンICAPのチーフエコノミスト、ルー・クランドール氏 は、「大統領周辺は早い時期に交代を発表して、選考プロセスへの影響 力が低下することを望んでいない」と指摘。「移行プロセスの正式な開 始を遅らせることが彼らにとって利益になる」と述べた。

後任の最有力候補と目されているのはイエレンFRB副議長。この ほかガイトナー前財務長官やサマーズ元財務長官、ファーガソン元 FRB副議長らの名前が挙がっている。就任には上院の承認が必要なこ とから、ホワイトハウスは市場混乱を避けるためバーナンキ議長が任期 切れとなる来年1月の数カ月前に後任候補を指名する可能性が高い。

バーナンキ議長は19日の会見で自身の将来計画について質問され、 「私個人の計画について話すことは何もない」と述べた。

事情に詳しい関係者によると、オバマ大統領が議長再任の発表を決 めた2009年夏、大統領は再任が金融市場を安心させることになるとの議 論に影響を受けた。発表は議長の任期切れの5カ月前だった。同関係者 は、現在は市場が当時よりも安定しているため大統領は以前ほど圧力を 受けていないと指摘。後任候補を最終決定する際には、危機に際してど のように対処する人物かが判断材料になるだろうと述べた。

原題:Obama Said Not to Have Begun Search for Bernanke Replacement (1)(抜粋)

--取材協力:Rich Miller.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE