コンテンツにスキップする

ドル続伸、米量的緩和縮小意識-対円で7営業日ぶり高値更新

東京外国為替市場ではドルが続伸。 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明やバーナンキ米連邦準備制度理 事会(FRB)議長の会見を受け、米量的緩和の年内縮小の可能性が意 識される中、ドルは前日の海外市場に続いてほぼ全面高となった。対円 では7営業日ぶりの水準まで上昇した。

ドル・円相場は一時、1ドル=97円76銭までドル高が進行。流動性 縮小への不安から日本株が下落する中、96円21銭まで円が買われる場面 も見られたが、ドルの下値は高く、午後には前日の海外市場で付けた今 月11日以来のドル高値(97円03銭)を更新した。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラ テジストは、米量的緩和について「これまで曖昧模糊として市場が疑心 暗鬼だった段階的減額のロードマップが、具体的なイメージを伴って青 写真として提示されたので、それを素直に織り込めばドル買いというこ とだ」と指摘。「特にベースマネー倍増2カ年計画が始まってまだ数カ 月という日本の金融政策の未来予想図は、今回バーナンキ議長が提示し た青写真と比べて明らかに激しい緩和という状況になる」と話した。

ブルームバーグ・データによると、午後4時20分現在、ドルは主 要16通貨中15通貨に対して前日終値比で上昇。この日発表された中国の 6月のHSBC製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想を下回った ことなどを受けて、対オーストラリア・ドルでは2010年9月以来の高値 を更新した。

一方、午後にかけては円が主要通貨に対して軟調となり、ユーロ・ 円相場は1ユーロ=129円55銭と11日以来の円安値を付けた。

債券購入ペース、「年内緩めるのが適切」

バーナンキ議長は19日、FOMC会合後の記者会見で、「入手する データがこの経済予測と大まかに一致すれば、年内に購入ペースを緩め るのが適切だと委員会は現在のところ見込んでいる」と説明した。さら に、「その後のデータもわれわれの現在の経済予測と大まかに沿う状況 が続けば、来年上期にかけて慎重にステップを踏みながら購入ペースの 減速を続け、年半ばごろに購入を終了させる」と加えた。

FOMCは会合後に発表した声明で、景気と労働市場の見通しに対 する下振れリスクが「(昨年)秋以降小さくなってきた」と指摘。経済 予測では今年の失業率とインフレ率見通しを引き下げた。

三井住友信託銀行ニューヨークマーケットビジネスユニットトレジ ャリーチーム調査役、藤田善嗣氏(ニューヨーク在勤)は、「近い将来 のQE(量的緩和)減額が意識され、FOMCの後はドルが独歩高、主 要通貨では完全にドルだけが買われるという展開になっている」と説 明。基本的に経済指標次第というところは変わらないものの、方向とし ては減額の方向であるということをマーケットがあらためて認識したと 話す。

FOMC声明やバーナンキ議長の発言を受け、19日の米国市場で は10年債利回りが15カ月ぶりの高水準に上昇。米国株は3日ぶりに反落 した。

また、外国為替市場では、FOMCの結果発表後からドル買いが強 まり、ユーロに対して1ユーロ=1.34ドル台前半から一時、11日以来の 高値となる1.3262ドルを付けた。この日の東京市場では、一段とドル 高・ユーロ安が進み、一時1.3235ドルまで水準を切り上げた。

一方、米国株が下げ幅を拡大する中、米国市場の引けにかけてはク ロス円(ドル以外の通貨の対円相場)を中心に円買い圧力が強まった。 ドル・円も97円台を付けた後、96円ちょうど付近まで円が買い戻される 場面が見られた。

三菱UFJモルガン・スタンレー証の植野氏は、これまで金融緩和 期待に頼り切った株価形成が横行していただけに、金融緩和という輸血 が止まれば「立ちくらみするのではないかという気持ちになるのはやむ を得ない」と指摘。ただ、「バーナンキ議長も自律的に回復軌道を歩め ることを確認した上で減額すると言っているわけで、市場が冷静さを取 り戻して来れば、量的緩和の減額イコール米国の景気回復、という解釈 になってくるだろう」と話した。

20日の東京株式相場は反落。TOPIXは前日比14.76ポイント (1.3%)安の1091.81で終えた。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが20日 発表した6月の中国製造業PMI速報値は48.3と、ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値(49.1)を下回った。 5月の改定値は49.2で、製造業活動の拡大と縮小の境目を示す50を昨 年10月以来初めて下回っていた。

--取材協力:大塚美佳. Editors: 青木 勝, 崎浜秀磨

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE