コンテンツにスキップする

米マイクロン3~5月期:売上高と利益が予想上回る

米半導体メモリー最大手、マイクロ ン・テクノロジーの3-5月(第3四半期)決算では、売上高と利益が アナリストの予想を上回った。メモリー価格の上昇が寄与した。

19日の発表資料によると、純利益は4300万ドル(約41億円、1株当 たり4セント)、売上高は23億2000万ドルとなった。ブルームバーグが まとめたアナリスト予想平均は、利益が1株当たり3セント、売上高 が22億5000万ドルとなっていた。

マイクロンや韓国のサムスン電子、SKハイニックスなどの半導体 メーカーは供給過剰を避けるために生産能力拡大を抑制しており、半導 体メモリーの市場価格は上昇している。マイクロンはより多くの生産設 備を支配下に置いて価格をさらに安定させることを目指し、エルピーダ メモリ買収を決めた。

前年同期は1株32セントの赤字、売上高21億7000万ドルだった。

マイクロンの株価は時間外取引でほぼ変わらず。通常取引終値 は1.6%高の13.97ドルだった。年初来では2倍余りに上昇している。

原題:Micron Reports Sales, Profit Exceeding Analysts’ Predictions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE