コンテンツにスキップする

米大統領:核兵器の削減を再度表明-ロシアに協力呼び掛け

オバマ米大統領は核兵器を3分の1 減らしても米国と同盟国の安全を確保できるとし、世界の核兵器削減を あらためて呼び掛けた。

大統領は19日、独ベルリンのブランデンブルク門前で演説。現在の 脅威は過去数十年に見られたものほど深刻ではないが、民主主義社会は 核拡散のリスクや過激思想を助長する経済・社会環境を見過ごしてはな らないと述べた。

その上で、「核兵器が存在する限り、われわれは真の意味で安全で はない」と述べ、ロシアと戦略核兵器をめぐる新たな交渉を開始する姿 勢を示した。

この日の演説でオバマ大統領は、世界の2大核兵器保有国である米 国とロシアが協力し、核兵器の数を新たな戦略兵器削減条約(新 START)で定めた水準よりも削減することを目指す意向を示した。 新STARTでは、米ロ両国が2018年までに、配備済み戦略核弾頭の上 限を1550発にするとしている。

原題:Obama Calls for Russia to Join U.S. in Cutting Nuclear Arsenals(抜粋)

--取材協力:Terry Atlas、Mike Dorning.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE