コンテンツにスキップする

英中銀議事録:資産購入枠を維持-キング総裁は最後も少数派

イングランド銀行(英中央銀行)は 今月5、6日の金融政策委員会(MPC)で、資産購入枠を3750億ポン ド(約55兆7000億円)で維持することを6対3で決めた。今回が最後の 会合となったキング総裁は規模拡大を求めたものの、大半のメンバーは 英経済の回復が定着しつつあると判断した。

19日公表の議事録によると、マイルズ委員とフィッシャー委員も資 産購入枠の250億ポンド拡大を主張。政策金利を過去最低の0.5%に据え 置くことについては、MPCメンバー9人全員が支持した。

議事録によれば、大半のメンバーは「景気回復が一段と定着しつつ ある」とし、「MPCによるこれまでの資産購入の効果がまだ浸透しつ つあり、融資のための資金調達スキーム(FLS)と合わせて経済活動 を後押しし続けるはずだ」との見方を示した。

当局者らはインフレ見通しが「多少は」好ましくなったと認識した 一方、大半のメンバーはインフレ率が年内は2%の中銀目標を上回る水 準にとどまる可能性があると分析した。

キング総裁ら少数派は「見通しが示唆するのはほんの控え目な成長 回復と失業状況の比較的小さな改善だ」として、金融政策を通じた一段 の刺激が必要だと主張。成長を妨げている経済のバランスを取り戻す必 要性があり、ユーロ圏からのリスクは引き続き「著しく」、国内のコス ト圧力は弱いとも指摘した。

MPCは議事録で「全般的に、最近のニュースは景気が2013年を通 じて緩慢だが持続的に回復する状況に一致すると判断した」としてい る。

キング総裁の今月末の任期満了に伴い、カナダ銀行(中央銀行)総 裁から転身するマーク・カーニー氏が新総裁に就任する。

原題:King Loses Final BOE Vote as Majority Sees Recovery Strength (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE