コンテンツにスキップする

富裕層人口で北米がアジアから首位奪還-キャップGなど調査

北米は昨年、100万ドル(現在のレ ートで9544万円)以上の投資可能資産を持つミリオネア人口で首位の座 をアジアから奪還したことが、キャップ・ジェミニとカナダのロイヤ ル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のリポートで分かった。

今回で17回目となる年次ワールド・ウェルス・リポートによると、 ミリオネア人口は2012年に北米で11.5%増加し373万人。11年に北米を 抜いたアジア太平洋地域では9.4%増えて368万人だった。シンガポール や香港で伸びた。

世界のミリオネアの資産合計は昨年、10%増加し過去最高の46 兆2000億ドルに達した。11年は1.7%減少した。北米は富裕層資産合計 が12兆7000億ドルと地域別で引き続きトップ。アジア太平洋地域は12兆 ドルだったものの、リポートは同地域が「近い将来に」首位を奪い返 し、向こう3年は成長をリードする見通しだと分析した。

キャップジェミニ・グローバル・ファイナンシャル・サービシズの セールス・マーケティング責任者、ジャン・ラシナルディ氏はリポート が発表された18日にニューヨークで記者会見し、「米国とカナダはとも に、GDPのわずかな伸びや株式・不動産市場から恩恵を受けた」と指 摘。ただ、アジア太平洋地域の資産総額の伸びは12.2%と、北米の伸び 率(11.7%)を上回ったと付け加えた。

リポートによると、資産の伸びのけん引役は3000万ドル以上の投資 資産を持つ超富裕層で、この層の資産と人口は昨年、約11%増加したと いう。

原題:Millionaires in North America Take Asia’s Top Rank, Report Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE