コンテンツにスキップする

中国人民元、下落-人民銀が中心レートを6日ぶりに引き下げ

中国人民元は18日、ドルに対して約 2週間ぶりの大幅な下落となった。米連邦準備制度理事会(FRB)に よる債券購入の縮小観測が広がる中、中国人民銀行(中央銀行)が6営 業日ぶりに中心レートを引き下げた。

人民銀は元の中心レートを0.09%元安方向の1ドル=6.1651元に設 定。5月13日以来の大幅な引き下げとなった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海 市場で前日比0.06%安の6.1285元。今月6日以来の大幅下落となった。 年初来では1.7%上昇しており、今月3日と5月27日には6.1210元と、 公定・市場レートが統合された1993年末以降の高値を付けた。

ブルームバーグが集計したデータによると、香港のオフショア市場 で元は0.11%安の6.1343元。元の1年物ノンデリバラブル・フォワード (NDF)は0.28%安の6.2745元。

原題:Yuan Falls as Central Bank Halts Five Days of Stronger Fixings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE