コンテンツにスキップする

臓器提供の登録者数、21倍に急増-フェイスブック表示開始で

ソーシャル・ネットワーク・サービ ス(SNS)最大手の米フェイスブックが、ユーザーを対象に臓器提供 の意思を表示できる機能を追加したところ、臓器提供意思登録者数が1 日で21倍に急増したことが、米国移植学会誌に18日掲載された調査報告 で明らかになった。

フェイスブックは2012年5月1日からプロフィル情報に臓器提供の 意思を表示できるよう設定した。

フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者 (COO)はかねて臓器提供の問題に関心を持っていた。臓器の需要は 提供者数を大幅に上回っており、米国では11万8000人を超える人々が移 植を待っている。移植希望者のうち1日平均18人が死亡している。

リポートの執筆者の1人でジョンズ・ホプキンス・メディスンの肝 臓移植プログラムの外科ディレクター、アンドルー・キャメロン氏は電 話インタビューで「正しいことをし、それについて人々に話すと非常に 報われた気持ちになる。仲間同士でも最も良いプレッシャーになる。多 くの人に広がっていくよう望むだろう」と指摘する。

調査では12年5月1-28日にフェイスブックで臓器提供意思を表示 しプロフィルが更新された数と、米43州とコロンビア特別区の臓器提供 意思登録データを比較している。

初日には約6万人のユーザーが臓器提供意思を表示しプロフィルを 更新。オンラインでの臓器提供意思の新規登録者数は約1万3000人と、 基準値の1日当たり616人の約21倍に増加した。最初の13日間の新規登 録者数は約4万人と通常より約3万3000人多かった。12年5月13日に は538人に減少した。

原題:Facebook’s Organ Donor Status Boosts Numbers More Than 20-Fold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE