コンテンツにスキップする

原油タンカーの過剰膨らむ-中国の原油輸入、09年以来の減少

世界最大の原油タンカー需要国であ る中国の原油輸入が2009年以降で初めて減少し、タンカー需要が後退し ている。米国の原油輸入も鈍化しており、船主企業は過去約30年で最大 の海運能力の過剰に直面している。

中国税関当局のデータによると、同国の1-5月の原油輸入 は2.1%減少した。前年同期は11%増だった。タンカー保有企業は既に 損失を出しており、海運スワップ市場も用船レートが15年まで採算の取 れない水準にとどまることを示唆している。ブルームバーグがアナリス ト14人を対象に実施した調査の平均値では、資産家ジョン・フレドリク セン氏率いる海運会社フロントラインの株価は、向こう1年間に38%下 落すると予想されている。

SEBエンスキルダ(オスロ)のアナリスト、オーレ・ステンハー ゲン氏は「中国の輸入量は2-3年前の極端な水準に戻ることはないだ ろう」と指摘。「より力強い需要の伸びが必要であり、船舶供給の過剰 はもっと解消される必要がある」と述べた。

原題:China Oil Contraction Sinks Industry’s Biggest Tankers: Freight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE