コンテンツにスキップする

香港とアジアの株価指数先物が上昇、日経平均先物は下げる

香港とオーストラリアの株価指数先 物が上昇。2日間の日程で18日始まる米連邦公開市場委員会 (FOMC)を控えて発表された米住宅建設業者の景況感指数が7年ぶ りの高水準に達した。一方、日本株の先物は下落した。

日経平均先物9月物は17日の米シカゴ先物市場で1万2955円で終 了。大阪証券取引所の通常取引終値1万3060円を下回った。大阪証券取 引所では日本時間18日午前8時5分時点で1万2990円の買い注文が入っ ている。

オーストラリア準備銀行による前回の金融政策会合の議事録公表前 に、オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.2%高。香港のハンセ ン指数先物は0.4%高。

原題:Stock Futures in Hong Kong, Australia Rise; Japan Futures Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE