コンテンツにスキップする

アジア株指数先物が上昇、FOMC控えて米株高-円は軟調

アジアの株価指数先物は米国株高の 流れに追随して上昇。円は主要通貨の大半に対して下落した。米連邦公 開市場委員会(FOMC)を控えて、景気刺激策縮小の見通しを見極め る動きが広がった。米国債相場は下落し、天然ガスは反発した。

S&P500種株価指数は前週末比0.8%高の1639.04で終了。一時 は1.2%上昇する場面もあった。日経平均先物はほぼ変わらず。香港の ハンセン指数先物は0.4%高。S&P/ASX200指数先物(6月限) は0.2%高。先週対ドルで大幅上昇した円は主要16通貨のうち14通貨で 下落。10年物米国債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇し2.18%。

18日から2日間の日程でFOMCが始まるのに先立ち米国で発表さ れた経済指標では、ニューヨーク連銀管轄区の6月の製造業生産活動が 3月以来の高水準に達し、米建設業者の景況感を示す住宅市場指数は7 年ぶりの高い水準に上昇した。

原題:Asian Futures Rise Before Fed After U.S. Rally as Yen Holds Drop(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien、Stephen Kirkland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE