コンテンツにスキップする

米国株:上昇、統計を見極め-FOMC控え刺激策縮小の見方も

米株式相場は上昇。市場では経済指 標の内容を見極める展開が続いた。一方で今週の米連邦公開市場委員会 (FOMC)会合を控え、刺激策縮小の見方も広がっている。S& P500種株価指数は先週、週間ベースで下落していた。

S&P500種では業種別10指数のうち9指数が上昇。エネルギーや テクノロジーの指数が最も上げた。ネットフリックスが高い。ドリーム ワークス・アニメーションSKGとオリジナル番組の配信で複数年契約 を結んだことが好感された。マイクロン・テクノロジーも上昇。シティ グループが目標株価を引き上げた。

S&P500種株価指数は前週末比0.8%高の1639.04。ダウ工業株30 種平均は109.67ドル(0.7%)上げて15179.85ドル。

PNCウェルス・マネジメントのジェームズ・ダニガン最高投資責 任者(CIO、フィラデルフィア在勤)は「金融当局が景気刺激策の縮 小で近く行動に出ると、市場は先走りしてしまっている」と指摘。「状 況は改善しつつあるが、まだ先は長い。当局の次の行動をめぐる一時的 な不安が続いており、市場がおじけづいているようだが、やや行き過ぎ なところがある」と続けた。

この日の経済指標では、ニューヨーク連銀管轄区の製造業生産活動 の拡大が示され、製造業者が現在の景気減速局面の先を見越しているこ とが示唆された。また、米建設業者の景況感を示す住宅市場指数は6月 に7年ぶりの高水準に上昇した。

上げ縮小の展開

英当局者はこの日、主要8カ国(G8)の首脳は、依然として成長 見通しは低調だが世界経済への下振れリスクは低下しつつあると認識し ていると語った。この発言が報じられた後、株価は上げを縮小し始め た。

その後、英紙フィナンシャル・タイムズが、米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長が19日のFOMC会合後の記者会見で緩和 縮小に近づいていることを示唆する可能性が高いと報じると、株価はさ らに上げを縮めた。

S&P500種は5月21日以降、1.8%下落している。翌日の22日には バーナンキ議長が議会証言で、労働市場の見通しが「本質的かつ持続的 な形で改善すれば、当局は購入を縮小させる」と述べた。金融当局の緩 和策や予想を上回る企業決算を背景に、米国株の強気相場は5年目に入 っている。S&P500種は2009年に付けた12年ぶり安値から142%上昇し ている。

量的緩和の縮小

ウエストウッド・ホールディングス・グループのマーク・フリーマ ン最高投資責任者(CIO)は、「縮小するのであれは前向きな理由が あるからであり、市場はそれを前向きに受け止めるべきだと金融当局と バーナンキ議長はわざわざ説明している」と指摘。「市場から見た問題 点は、市場は具体的な時期を知りたいと望んでいるが、当局としては、 それは誰にも分からないことなので表明できないということだ」と続け た。

S&P500種の業種別10指数ではエネルギー指数が1.3%高で最大の 上げ。上昇率2位はテクノロジー株で1.1%高。ダウ平均ではシスコ・ システムズが2.5%高の24.70ドルで、値上がり率トップ。S&P500種 の業種別10指数で下げたのは通信株の指数のみ(0.6%安)だった。

この日は住宅市場指数を受けて住宅建設株が上昇。S&Pスーパー コンポジット住宅建設株価指数は2%高。指数を構成する11銘柄全てが 上昇した。トール・ブラザーズは2.4%高の33.66ドル。

ネットフリックスは7.1%高の229.23ドル。オンラインでのビデオ 配信サービス最大手の同社は、ドリームワークスとオリジナル番組の配 信契約を結んだ。ネットフリックスの17日発表によれば、今回の契約締 結はオリジナル番組の契約としては同社創設以来で最大規模となる。

マイクロンは3.8%高の13.24ドルと、2007年7月以来の高値。シテ ィグループはマイクロンの目標株価を19ドルに引き上げた。

原題:U.S. Stocks Rise as Investors Weigh Economic Data, Stimulus Cuts(抜粋)

--取材協力:Whitney Kisling、Cecile Vannucci、Nikolaj Gammeltoft、Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE