コンテンツにスキップする

欧州株:1週ぶり高値、テレフォニカが高い-FOMCを控え

17日の欧州株式相場は1週間ぶり高 値を付けた。先週は週間ベースで4週続落し、1年2カ月で最長の下げ 局面となっていた。米刺激策の縮小ペースの兆候を見極めよう と、18、19両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されてい る。

スペインの電話会社、テレフォニカは2.4%上昇。米AT&Tがテ レフォニカ買収に関心を寄せていたとの報道が手掛かり。電力システム を手掛けるスイスのABBは2.6%高。新しい最高経営責任者 (CEO)が決まったことが買い材料。一方、石油・天然ガス開発を手 掛けるイタリアのサイペムは4年ぶり安値まで売り込まれた。同社はこ こ半年で2回目の2013年業績見通しの引き下げを行った。

ストックス欧州600指数は前週末比0.7%高の293.25で引けた。続伸 したのは今月に入って初めて。先週は1.5%下げた。米連邦準備制度理 事会(FRB)のバーナンキ議長が米景気に持続可能な改善が見られれ ば金融緩和策の縮小は可能だと表明した5月22日以降では、5.6%下げ ている。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏は「最近の急変動の後で、市場では平安と安 定が求められている」と指摘。「今週は圧力とボラティリティが低下す る可能性がある。経済が緩やかに回復していることを考えれば、極めて 段階的な緩和縮小はそれほど悪い考えではないという考え方に投資家は 慣れつつあるかもしれない」と語った。

17日の西欧市場では、17カ国中14カ国で主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as Investors Watch Fed; Telefonica Gains(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE