コンテンツにスキップする

欧州債:ポルトガル債続伸、FOMC控え-独債ほぼ変わらず

17日の欧州債市場ではポルトガル国 債が続伸。債券購入プログラム縮小で市場が混乱するとの懸念を、米連 邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が和らげようとするとの 見方が広がっている。

アイルランド国債は4日続伸。高利回り資産を求める動きが強まっ た。一方。ドイツ国債は、他のユーロ圏諸国の国債パフォーマンスを総 じて下回った。FRBは18、19両日に米連邦公開市場委員会( FOMC)を開催する。オランダはこの日、証券を25億ユーロ発行した ほか、フランスは短期債を76億ユーロ入札した。

INGバンクのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジア ンサンティ氏(アムステルダム在勤)は「FOMCが注目されており、 これが相場を左右している」と述べ、「米当局が緩和的な金融政策を維 持する姿勢を示唆すれば、周辺国にとって支援材料となるだろう」と語 った。

ロンドン時間午後4時44分現在、ポルトガル10年債利回りは前週末 比8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の6.23%。14日に は22bp下げていた。同国債(表面利率4.95%、2023年10月償還)価格 はこの日、0.535上げ90.44。同年限のアイルランド国債利回りは3bp 下げて3.91%。

ドイツ10年債利回りは1.52%と、前週末からほぼ変わらず。同国債 とポルトガル10年債の利回り格差(スプレッド)は8bp縮小し470b p。

英国債相場は4営業日ぶりに下落。6月の英住宅売却希望価格が上 昇したことを背景に、イングランド銀行(英中央銀行)が刺激策として の国債購入を継続する必要性は縮小したとの見方が広がった。

ロンドン時間午後4時28分現在、10年債利回りは前週末比2bp上 昇の2.08%。過去1カ月では20bp上げている。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、0.16下げ97.24。30年債利 回りは4bp上昇し3.41%となった。

原題:Portuguese, Irish Bonds Advance as Investors Await Fed Meeting(抜粋) Gilts Decline as Home Sellers Raise Prices; Pound Little Changed (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE