コンテンツにスキップする

インド株:続伸、利下げ再開との観測で-自動車株が高い

17日のインド株式市場では、指標の センセックス30種指数が続伸。インド準備銀行(中央銀行)が政策金利 を据え置いたものの、利下げ再開の観測が手掛かりとなった。自動車株 の上げが目立った。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前週末 比147.94ポイント(0.8%)高の19325.87で終了。トラクターメーカー のマヒンドラ・アンド・マヒンドラは2週間ぶりの大幅高。スペインの 自動車部品メーカー、CIEオートモーティブの株式13.5%を取得する ことで合意した。インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・イン ディアは4月29日以来で最大の続伸。国内の銀行最大手、インド・ステ イト銀行は2週間ぶり高値を付けた。

インド中銀はこの日の会合で政策金利の据え置きを決めた。ブルー ムバーグが実施したアナリスト調査で、金利維持を予想していたのは25 人中15人。同中銀はインフレ鈍化が「持続的」であるとし、「成長への リスクに金融政策で引き続き対応する余地が広がる」との見解を示し た。

コタック・マヒンドラ・オールド・ミュチュアル・ライフ・インシ ュアランスの株式責任者、ヘマント・カナワラ氏は電話で、「インド中 銀はインフレ率が低下すれば、利下げ余地があると言明した。これまで は追加的な金融措置の余地は限定されていると表明していたことから、 これは政策姿勢の変更だ」と語った。

原題:India’s Sensex Climbs on Speculation RBI to Resume Policy Easing(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE