コンテンツにスキップする

ドイツ経済は夏季に成長減速の見込み、4-6月の改善後-連銀

ドイツ経済は4-6月(第2四半 期)の改善後、ペースが鈍化する可能性があるとの見方をドイツ連邦銀 行(中央銀行)が示した。

独連銀は17日公表の月報で、「年初の弱い滑り出し後、国内総生産 (GDP)は第2四半期に顕著に改善すると見込まれる」とした上で、 「しかしながら、夏季については成長減速の兆候が表れつつある」との 認識を示した。

1-3月(第1四半期)のドイツ成長率は0.1%だった。連銀は今 月、2013年の成長率予想を0.3%とし、昨年12月時点の0.4%から下方修 正した。14年の予想も1.5%(従来1.9%)に引き下げた。

連銀はこの日の月報で、成長見通しは「世界経済が勢いを増すこ と」と、リセッション(景気後退)にあるユーロ圏諸国が「徐々にプラ ス成長軌道に戻ること」が前提だと説明した。

原題:Bundesbank Says German Economic Growth to Slow Down in Summer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE