コンテンツにスキップする

中国外務省:米国は情報収集プログラムで国際社会に説明を

中国外務省の華春瑩報道官は17日、 米政府は機密としていた通信情報収集プログラムについて国際社会に説 明する責任があると語った。

華報道官は北京での記者会見で、同プログラムを暴露したエドワー ド・スノーデン氏が中国のスパイではないかとの疑惑について、「事実 無根だと思う」と述べた。スノーデン氏は請負企業の社員として米国家 安全保障局(NSA)で働いていたこともある。

原題:China Says U.S. Should Provide an Explanation on Surveillance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE