コンテンツにスキップする

韓国:企業の海外取引への監督を強化、税逃れ対策を拡充

韓国は企業の国境を越えるクロスボ ーダー取引に関する金融監督院(FSS)と関税庁の調査権限を強化す ると発表した。朴槿恵大統領による課税逃れ対策拡充の一環。

企画財政省が16日に発表した。それによると、電子送金や資産取 得、年間の投資勘定に関する詳細報告を怠った場合は、課徴金の対象と なる可能性がある。

各国政府は失業率上昇と経済成長鈍化の中で社会保障費ねん出に迫 られ、課税逃れ対策は世界的な政治課題となってきている。朴政権も福 祉公約実現のため、税率引き上げ抜きで135兆ウォン(約11兆円)をね ん出する計画。同省の発表文では、うち53兆ウォンを地下経済の取り締 まりによって得られる、としている。

原題:South Korea Tightens Capital Flow Checks to Catch Tax Dodgers(抜粋)

--取材協力:Rose Kim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE