コンテンツにスキップする

フォード:「SYNC」搭載車の米国販売が増加-収益性上昇

米2位の自動車メーカー、フォー ド・モーターは音声コントロールシステム「SYNC(シンク)」や操 作インターフェース「マイフォード・タッチ」搭載車を選ぶ買い手が増 えており、それが同社の乗用車・トラックの収益性を押し上げているこ とを明らかにした。

フォードの17日の発表資料によると、同社が今年販売した乗用車・ トラックのうちシンクないしマイフォード・タッチ搭載車の割合は79% と、1年前の68%から上昇した。シンクやマイフォード・タッチが標準 装備されていないモデルへの搭載費用はマイフォード・タッチが1000ド ル(約9万5000円)、シンクが295ドル。

フォードのムラリー最高経営責任者(CEO)は独自技術を新モデ ルの目玉の1つにする戦略を推し進めてきた。しかしオーディオや娯 楽、ナビ機能は車の購入者から苦情を受けやすいことから、JDパワ ー・アンド・アソシエーツなどによる品質調査でフォードの評価は下が っている。

フォードの発表資料によれば、同社は数カ月以内にシンクやマイフ ォード・タッチのシステム更新をダウンロードで行えるようにする計 画。これらのシステムの評価の低さが響きJDパワーの初期品質調査で のフォードの順位は2011、12年と連続で低下した。「フォード」ブラン ドは10年の5位から12年には27位まで下げた。高級車ブランド「リンカ ーン」も18位にとどまった。

原題:Ford Says U.S. Sales of Vehicles With Sync, MyFord Touch Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE