コンテンツにスキップする

5月首都圏マンション発売5割増,6年ぶり高水準-アベノミクスで

不動産経済研究所が17日発表したマ ンション市場動向によると、5月の首都圏のマンション発売戸数は前年 同月比49.2%増の4967戸だった。同月の発売戸数としては、リーマンシ ョック前の2007年以来の高水準。住宅ローン金利の上昇や地価先高観の 台頭で、駆け込み需要が起きているとの見方を示した。

従来予想は4000戸。売れ行きを示す契約率は78.1%と、好調の目安 とされる70%を上回った。70%超えは2月以来、4カ月連続。

不動産経済研究所の取締役企画調査部長の福田秋生氏は、「金利上 昇懸念や価格上昇懸念で、エンドユーザーは早く動いた方がいいと思っ ているのではないか」と指摘。デフレ脱却を目指すアベノミクスの下 で、駆け込み需要が始まっていることを示した。

福田氏はまた、今後の懸念材料としては住宅ローン金利を挙げ、 「これ以上上がると購入を断念する人もいるのでは」と述べた。

午後1時の同統計発表を受けて、TOPIX不動産業指数は約1380 ポイントから一時、1394.9まで上昇した。

金利上昇と地価動向

住宅ローン金利の指標となる長期金利は、日銀が金融緩和した4月 上旬以降上昇基調に転じ、住宅金融支援機構と大手銀行は今月までに、 2カ月連続で住宅ローン金利を引き上げた。

また、今年第1四半期(1月1日-4月1日)の国土交通省の地価 動向報告によると、全国主要150地区のうち、3カ月前と比べ地価が上 昇した地区(80地区)の全体に占める割合は約53%。過半数超えは、リ ーマンショックの前年の07年第4四半期以来だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE