コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:H株指数が続落、中印株は反発

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、香港に上場する中国企業株で構成されるハンセン 中国企業株(H株)指数が下落した。過去最長の値下がり局面となって いる。中国経済の減速により、融資やエネルギー、原材料の需要が減少 するとの懸念が広がった。ただ好調な米経済指標が輸出関連株を押し上 げたため、下げは限定的だった。

アルミ生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK) は7.5%下落し、石炭生産で中国最大手、中国神華能源(1088 HK) は2.1%安。一方、売り上げの約73%を北米で稼ぐ創科実業(669 HK) は2.2%上昇した。

H株指数は前日比0.2%安の9667.42で終了。一時1.3%上昇する場 面もあったものの、12営業日連続で値下がりした。2月1日に付けた年 初来高値からの下落率は21%となり、一部投資家が弱気相場入りと見な す20%を超えた。ハンセン指数は前日比82.10ポイント(0.4%)高 の20969.14で引けた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は、「依然として中国本土での成長減速が続くとの懸念がくすぶ っている」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は9営業日ぶりに上昇。同指数の株 価評価(バリュエーション)が約6カ月ぶりの低水準に低下したほか、 米小売売上高が市場予想を上回ったことが要因となった。

発光ダイオード(LED)用チップ生産で中国最大手の三安光電 (600703 CH)が7.3%上昇。同社株などで構成されるテクノロジー株の 指数は業種別で最大の値上がりとなった。住宅建設で中国最大の中国建 築工程(601668 CH)は2.3%高。1-5月の新規契約額の上昇が好感さ れた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比13.69ポイント(0.6%)高の2162.04で終 了。過去8営業日で7.6%下落していた。ブルームバーグのデータによ ると、同指数の株価収益率(PER、予想収益ベース)は13日に8.8倍 と、昨年12月6日以来の低水準となった。上海、深圳両証取のA株に連 動しているCSI300指数は前日比0.7%高の2416.77。

浙商証券の王偉俊ストラテジストは「相場は最近大きく下落してい ただけに反発が予想されており、売られ過ぎを示すテクニカル指標もあ る」と指摘。「流動性は依然として逼迫し、経済のファンダメンタルズ もかなり弱いため、中期的には楽観視していない」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は4日ぶりに上昇。指標のセンセックス30種指数は 前日付けた2カ月ぶり安値から反発した。5月のインフレ率が3年7カ 月ぶり低水準まで低下したほか、世界的な株高が手掛かりとなった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比350.77 ポイント(1.9%)高の19177.93で終了。13日に相対力指数 (RSI、14日間ベース)は30となった。この水準に下がると、一部投 資家は買いのシグナルと見なす。

銀行株が上昇し、けん引役のインドステイト銀行は1.3%高。国内 最大の自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは5週間ぶりの大 幅高だった。

14日の政府発表によると、5月のインド卸売物価指数(WPI)は 前年同月比4.7%上昇。4月の伸び率は4.89%だった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比96.00ポイント(2%)高の4791.76。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.51ポイント(0.4%)高の1889.24。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比13.92ポイント(0.2%)安の7937.74。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE