コンテンツにスキップする

米マイクロソフト、「8」販売でベスト・バイと提携

米マイクロソフトは最新の基本ソフ ト(OS)「ウィンドウズ8」搭載機器の販売で、家電量販店最大手の 米ベスト・バイと提携する。個人向けパソコン需要が過去最悪に落ち込 んでいるため協力する。

両社の発表文によると、ベスト・バイの米国の500店とカナダの100 店の店舗内に直営の販売店を設置する。販売提携の対象にはウィンドウ ズフォンやソフトウエア「オフィス」、ゲーム機「Xbox」などマイ クロソフトの他の製品も含まれる。

「8」はマイクロソフトがモバイルユーザー獲得に向けて昨年10月 に発売した。米調査会社IDCによれば、パソコンの世界出荷は今年1 -3月期に過去最悪の落ち込みを示したが、「8」はパソコン需要を再 燃させるには至っていない。一方でベスト・バイも、オンライン販売各 社との競争激化で2-4月期に8100万ドルの損失を計上していた。

提携に伴いマイクロソフトは1200人強のベスト・バイ販売員にトレ ーニングを行う。各店舗内のウィンドウズショップには、米アップルや 米グーグルのOSに対抗するショーケースとしての機能も持たせる。

原題:Microsoft in Deal With Best Buy to Promote Windows Computers (1)(抜粋)

--取材協力:Callie Bost.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE